名古屋市で新築一戸建てを建てたいと思い狭い敷地ギリギリに相模原市でトイレをリフォームした家を建てたので、庭として使えるスペースがほとんどありません。
でも、狭くても、庭を楽しみたいと思って、思い切って、小さな日本庭園の千葉でエクステリア工事をして日本庭園にしました。
小さくても、日本庭園にするためには、庭石や灯篭を置いたりしないといけません。
岡山県で墓じまいがひと段落したので日本庭園を極めたいと思って、竹を植えて、つくばいにも、水が流れるように、青梅市の工務店に頼み工事してもらいました。

普通は、和室に面した裏庭に日本庭園を造る家が多いですが、粉骨の評判を調べているうちは裏庭のスペースが取れなかったので、千葉市のリフォーム会社に頼み玄関隣のスペースに、日本庭園を造ってもらいました。
数年経過して感じたことは、竹がぐんぐん伸びてしまい、カットするのが大変だという点です。
笹の葉が落ちる時期には、笹の葉を手作業で拾って回らないといけないので、その作業が大変です。

竹は、放っておくと、横からでもどんどん芽を出して伸びていくので、竹が雑草のようにあちこちに生育しないように、気を付けながら、新しい芽を発見したら、早い段階で引っこ抜いていかないといけません。
つくばいも、頻繁に洗っていかないと、すぐにコケが生えてしまいます。
水が流れるようにしているのですが、湿気が多いと、ボウフラが沸いてしまい、蚊が大量に発生してしまうので、日本庭園を常にきれいなコンディションに保つことは、大変だと感じました。

つくばいの周りには、杉苔を植えているのですが、高いお金を出して杉苔を敷いても、すぐに枯れてしまい、なかなか根付いてくれません。
杉苔が減っていくと、見栄えが悪くなるので、仕方なく、追加購入をして、その都度敷いています。
杉苔にこだわらずに、砂利ばかりにすれば良いのかもしれませんが、バランスが良くわからないので、日本庭園のエクステリアに詳しい業者さんに、もう一度、うちみたいな小さなスペースにマッチする日本庭園のエクステリアのデザイン画を描いてもらおうと思います。
小さなスペースでも、日本庭園のエクステリアにすると、庭石だけでも高級な物もあります。
和風のエクステリアは、以外とお金がかかってしまうと後悔しています。

PR|生命保険の選び方クレジットカードの即日発行じゃけん健康マニアによる無病ライフ女性向けエステ.com住宅リフォーム総合情報英語上達の秘訣ダイエットチャレンジエステサロンを上手に利用する情報サイト女性のための薄毛治療研究会会社経営に必要な知恵袋カウンセリングのお悩み解決サイト新築一戸建てを建てる時に読むサイト