犬を飼っている人にとって、自宅に、犬と一緒に遊べるドッグランを作ることは一つの憧れになっているのではないでしょうか。しかし、ドッグランにはある程度の広さが必要になってくるため、どんな庭でも作れるわけではありません。そこで今回は、千葉で外交工事をしてドッグランを作るときに必要な庭の広さについて説明します。

ドッグランは、犬が走り回るのに十分な広さが必要になりますが、それは犬のサイズによっても違ってきます。小型犬であれば、そこまで広い庭でなくてもドッグランをつくることができますが、大型犬の場合はそれなりの広さが必要になってくるということです。では、実際にどれぐらいの広さがあればいいのかというと、「小型犬は100平米」で、「大型犬は500平米」が必要になると言われています。100平米というとかなりの広さがあるようにイメージしてしまうかもしれませんが、正方形にすると「10m×10m」なので、そこまで広いわけではありません。もちろん、都市部の住宅だと100平米の庭を確保するのが難しい場合も多いと言えますが、その程度の広さであれば設置できる住宅も結構あるのではないでしょうか。しかし大型犬のドッグランは、一般的な住宅ではあまり見られないような広さの庭(500平米=22m×22m程度)が必要になるため、実現が難しい場合が多いかもしれません。

ドッグランに必要な広さの目安は上記の通りで、それが理想的だと言えます。しかし、十分な庭の広さがないからといってドッグランが作れないわけではありません。自由に走り回れるだけのスペースがなくても、歩き回れるぐらいの広さが確保できれば、ワンちゃんがくつろげる庭にすることができます。それに庭だけでなく、建物の横にある敷地も活用すれば、走り回れるスペースを確保することが可能な場合もあります。そのため、庭が狭いからといってあきらめるのではなく、敷地内の余った空間を上手く活用できないかどうかを考えてみるのもよいでしょう。