ペットも家族の一員で、家でも楽しく過ごしてもらいたいと思うことでしょう。
家ばかりにいるとストレスがたまるのは人間と一緒なのです。
家の庭でも遊べる環境をつくってあげれたらいいなと思いました。

まず犬が庭で安全に遊ぶためには、庭にフェンスを作り犬が外に出ないようにしなくてはいけません。
犬のサイズに合わせたフェンスづくりが大切です。
吠え癖がある場合は、人が来ても吠えないようにするために目隠しを作っておくといいでしょう。
ブロック塀でしっかり隠したり、目隠しフェンスなどを利用するのがおすすめです。

また尖った物や壊れた陶器などを置いておくと、近づいた時に怪我をしてしまう可能性があるので注意が必要です。
犬の健康を考えると、地面は走りやすい環境に整えてあげることが大切です。
コンクリートや砂利などの場合、犬にとっては足や腰に負担がかかりすぎてしまいます。

するとヘルニアなどの病気の原因になってしまうことがあるのです。
ウッドチップや芝生などを敷いてあげるのが理想的です。
そうすることで犬が思い切り走り回れるようになるでしょう。
沢山走り回ったあとは喉が乾くこともあるのです。
そんな時すぐに水分補給ができるように、水道をしっかり確保しておくと便利です。
これは水分補給以外にも、家の中に入る前に足を綺麗に洗ったり外でシャンプーなどをするのに便利なのです。
犬が外で遊んでいる時に、家の中に居てもちゃんと見えるような状況を作っておくと安心です。

目に見える範囲にいないと、いつの間にか家の門から出てしまっていたり怪我をして倒れた時に気づいてあげられないことがあります。
いつでもどのような行動をしているのか把握してあげるといいでしょう。
犬は常に走り回っている訳ではなく、横になって寝転んでいることもあります。
やはり陽の当たる暖かい場所で日向ぼっこすることが好きなので、その場所にウッドデッキを作ってあげるとのんびり過ごすことができます。