ペットを飼っているご家庭では、日々の世話や散歩に時間をとられることが多いでしょう。しかし我が子のように可愛がっている犬や猫のためなら、そんな苦労も感じないものです。それどころか、身近な場所でも遊べるスペースを確保してあげたくなることが多く、ご自宅の庭をペットが遊べるスペースに改造されるケースが増えています。専門の業者に依頼したり、ご自身で作られたりして、その夢を実現しています。そこでペット用の庭づくりを検討されている方に参考になる話として、安全に遊べる庭を作るためのポイントをご紹介します。

ポイントの一つ目は、広さの確保です。ペットが遊ぶためにはある程度の広さが必要になるため、不必要なものを処分したり撤去して、庭全面が使えるようにスペースを確保しましょう。二つ目のポイントは、ペットが遊んだり走ったりする際に負担が少ない足場を準備することです。砂利やガタガタする地面よりも、ペットの遊び場におすすめなのが人工芝やタイルです。ペットの足に優しく、汚れも防止できます。草をぬく手間も省けますし、水洗いもしやすいでしょう。そして三つ目のポイントは、外に出ることを防止する柵などを準備することです。安心して遊ばせてあげるためには、落下や逃走の心配がない柵の準備は必須と言えるでしょう。最後のポイントは、庭にペット用の水栓を準備することです。既存のものを利用したり新設して、足を洗える場所を準備しておくと便利です。

以上が、ペットが安全に遊べる庭づくりのポイントになります。実際に庭をペットの遊び場にリフォームした事例を見ると、それぞれの環境に適した工事を行っています。庭の地面に人工芝を設置する他、庭全面にウッドデッキを設置したり、部屋からフラットに出られるように囲いとタイル床のスペースを作るなど様々な方法があります。広さや庭の状態によってできることも限られますが、庭づくりのポイントを踏まえた上で検討すれば、ペットが安全に遊べる庭にできるでしょう。